2012年02月11日

働き蟻と原発の唄(Arranged)

もう本当に放置状態ですね。ライブ告知すらしてませんよ。
活用方法考えて行かないと・・・というわけで、新曲です。
なんだかんだで一個前の曲のアレンジになりました。
いろいろ曲を作ってるんですが、なかなかいい録音ができなくてですね・・・。

よかったら感想ください。辛口で大丈夫です。

歌詞は追記の方に。戦争が終わって 残された焼け野原
生き残った女は 畑を耕した
戦争が終わって 兵役も解かれると
生き残った男も 畑を耕した

そして 月日は過ぎて
子供も たくさん生まれた
やがて 大きくなると
都会に 働きに出た

彼らは ラジオや 洋服や自動車を
たくさん作って 世界中に売ったのさ

世界が 驚くくらいのスピードで
日本は再び 大きくなっていったのさ


若者が都会に 出て行った田舎町
少しずつ寂れて お金もなくなった
若者がたくさん やってきた都会では
たくさんの電気が 必要になったのさ

そこで 政治家たちは
田舎に 原発作って
金を  田舎に流し
電気を 都会に流した

「日本の技術で ウランから電気を
 たくさん作ろう」 そんな夢があったのさ

気がつく頃には 原発が五十四
この狭い日本に ひしめくように建っていた



原発のお金で 潤った田舎では
ハコモノがたくさん 福祉も充実さ
原発で電気が 有り余る都会では
深夜でも明かりが 煌々と灯るのさ

だけど  津波が起きて
起きない はずだった事故で
見えない プルトニウムや
セシウム 風に乗っていく

これしか選べる やり方はなかったの?
まやかしだったと 気づくのには遅かった

みんなで必死に 働いたはずなのに
どこかで未来を 落っことしてきたみたい
【関連する記事】
posted by 虹風 at 00:50| Comment(4) | 楽曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
俺の知ってる範囲で、いい録音をする方法を教えてやるよ。
1:クリッピングしないギリギリまで音量を上げてから録音する。
その方がノイズが少ない。
2:マスターコンプをかけるときに、あんまり圧縮しすぎない。
3:楽器をつなぐシールドは短くしよう。音の劣化が減る
4:ベースとバスドラ以外はHPFで100hzから下はバッサリ切れ。どうせそんな帯域で大した音は鳴ってない
5:スネアにはがっつりコンプかけろ。抜けてないぞ
6:各楽器の大事な帯域と、EQにおける各帯域の役割をしっかり理解すること。
今の時点で何hzが出すぎてるから削ろう、みたいな判断ができるように。

お互い頑張ろうぜ。
Posted by Takasago at 2012年04月18日 22:38
6補足
hzの大体の判断は耳だけでできるようにな。
あと、各帯域の役割ってのは、例えばベースだと何hzを上げるとボベボベしてくるとか、スネアの胴鳴りは何hzだとかそういうの。
Posted by Takasago at 2012年04月18日 22:50
返事遅れてすまん、アドバイスありがとう!
スネア抜けてないか、なるほどなあ・・・確かにあんまコンプかけてないわ。
EQは特にわけわからんから、また勉強してみるわ!
Posted by 虹風 at 2012年04月23日 02:33
2.最近のピロウズとか、聞いたことないけどテレフォンズとかは結構コンプかけてるみたいなので思い切ってやってもいいでしょう。
4.100hzは言い過ぎかも。
60くらいで切るといいでしょう。
EQはとにかくいじって覚えるしかない。
あとスネアはそもそも音量が小さいと思うので上げるといいでしょう。
Posted by Takasago at 2012年04月23日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。